本日の恋愛お悩み相談は、もうすぐ30歳独身彼氏なしのニックネームみみさん。

静岡県で一番会員数が多く、恋愛結婚を望む独身男女の恋活をサポートしています「静岡恋活デートめぐ婚」の代表コーディネーターの寺坂めぐみです。

本日のお悩み相談はこちら:男運がありません。普通の優しい男性に出会いたい

もうすぐ30歳のニックネームみみ。転職したばかりの会社員です。とにかく、男運がありません。初めて付き合った男性は趣味も食べ物の好みも同じで、すごく話の合う人とつき合ったら、奥さんがいました。もうすぐ離婚するからという言葉を信じて三年。結局子供ができて、彼の携帯電話の待ち受け画面が子供の写真になったのを見て、罪悪感から身を引きました。

次は男らしくて、グイグイ引っ張ってくれる頼もしい人だと思ったら、DV男でした。

じゃあ、やさしくておっとりした人にしようと思ったら、優柔不断な浮気男でした。

もう、どんな男を選んだらいいのかわかりません。

私に男性を見る目がないのは、よくわかりました。それでも、結婚して幸せな家庭を作りたいんです。イケメンがいいとか、高収入がいいとか、そんなふうに思ったことありません。私のパートナーになってくれる、普通の優しい男性でいいんです。30歳までに巡り合いたいです。どうしたらいいのでしょう。

悪循環のループを招く「男運」という言葉

男運が悪い、という言葉は自分で言ってはいけません。相手にもまた「女運悪かった」という思いを芽生えさせて悪感情のループを招くからです。

ダメ男が好きになる女性の特徴は「男性に依存しがち」

言葉での暴力モラハラや、肉体的な暴力でDV、浮気を繰り返すなどの行為を彼氏から受けた場合、男性に依存していない女性ならば、すぐに別れを選ぶことができます。

ですが、男性に依存している女性は、ダメ男からどれだけひどい扱いを受けようとも、別れるという決断が下せません。

なぜなら、彼がいなくなってしまったら困る、と考えているからです。

客観的に見たら、DVをしたり浮気を繰り返したりする彼氏は、邪魔になりこそすれ、必要な存在ではありません。

ですが、男性に依存している場合、正常な判断ができず

「私は彼にとって必要な存在なんだ。私にとって彼といることが幸せになる唯一の道なんだ」と思い込んでしまうのです。

「彼氏こそすべて」と考えて、どんなひどい仕打ちにも耐えてくれる女性は、ダメ男の格好のターゲットになります。

私も経験しているから言える事なのです。彼氏の存在に人生の全てを支配されないようにしてください!別れて正解です。

それと、自己肯定感が低い

ダメ男は、自己肯定感が低い女性を嗅ぎ分け、巧妙に近づいていきます。

ダメ男が求めているのは、「利用できる女性」です。

自己肯定感が低い女性は、ダメ男のいいなりになりやすいため、ダメ男にとって最適な人材なのです。

自分の価値を知っていて、自分を大切にしている女性には、ダメ男は近づきません。

難儀だと思うなかにも「良き思い出」は存在していたはずです。

傷ついたけど、恋をして強くなれたと思いますよ。

「安らぎ」を求めず、焦らず、後手必勝で

難儀では無い、「普通の恋愛」などありません。

個と個がぶつかり合い、認めあい、支えあう・・・

思いきって、年齢で目標を定めることを保留にし(焦るからいけない)、

一人が一人じゃなくなるんだから面倒であたりまえと考え、悩めるみみさんの求める「安らぎ」を一旦放棄して、

みみさん自身が「誰かの安らぎ」となるような恋愛をしてみてはいかがでしょうか