shutterstock_407632243

静岡藤枝で恋活・恋人探しのサポートを行っておりますめぐ婚です。今回はちょっとスピリチュアルな話を書いてみたいと思います。

占いがスキな女性は多いかと思いますが、今回は占いなどではなくちょっとした「考え方・捉え方」のお話です。

鏡の法則、ご存知ですか?

「鏡の法則」というのが有ります。これは、あなたに起きること、あなたに見えるもの全ては「あなたを反射して起きている」という考え方です。「そんなはずはない!物理的にありえない!」と思った方はページを閉じて頂いて結構なのですが、この「鏡の法則」というのは以下の様な例です。

「年収300万円のあなたの友人に、年収一億円の人はいない」「独身で恋愛の雰囲気が無いあなたの周囲の独身は異性との出会いを求めている」「運が無いと思っているから、ツイてない」

上げればきりは有りませんが、あなたの深層心理にとってあなたに相応しいことだけがあなたに起きてしまいます。

ネガティブな面ばかり上げましたが、反面ポジティブな例も多数有ります。

「付き合う人間を変えたら自分も変わった」「運がいいと思い込む事でツキが回ってきた」「自分はお金を手に入れる価値がある人間だと信じ込んだ結果、お金が入ってきた」

嘘でしょ!と思った方もいるかもしれませんが、こういうのは馬鹿にできないんです。これが「鏡の法則」です。あなた自身やあなたの心を反射して、色々な事が起きるという考え方です。

いつでも「自分」な人に素敵な出会いなんて無い!

そもそも「彼女が欲しい、彼氏が欲しい」という願望は「あなたの都合」ですよね?誰しもが「愛されたい、孤独を埋めたい」と望んでいる割には「誰かを愛すること、誰かの孤独を救うこと」に対しては関心が薄いもの。

さて、前述の全てが鏡として反射している「鏡の法則」にのっとって、恋愛を上手にする方法が有ります。

それは「して欲しい事をしてあげること」「欲しているものごとに相応しい自分に変わること」です。これらはもちろん恋愛以外にも応用可能なテクニックです。

特に「欲しがっているけど、与えられない」というのは致命的で、「愛されたいのに愛する事が出来ない」という人は思いの外多いと思います。せっかく恋人が出来ても「自分のことばかり考えている相手」だったりしたら関係はうまく行きませんよね?

ですので、あなたは欲しいものが有れば、それを他者に対して与える行動を始めるべきです。

また、もしあなたが「イケメンでお金持ちの彼氏が欲しい」と思っているのであれば、そのような彼に相応しい女性になれるよう自分磨きを始めるべきです。

そもそも自分には不釣り合いな相手といても幸せは有りません。素敵な異性を素敵だと思う人は多いですよね?ライバルが多い中であなたが自分に自信を持てなければいくら素敵な相手と出会ったとしても幸せを持続させる事は出来ません。

ですので、「求めてばかり」は辞めて「与えられる」レベルに自分を高める事はとても重要です。「清潔感のある異性と結婚したい」なんていいつつも、面倒くさくてお風呂も入らず部屋は散らかっていては嫌われてしまいます。

「お金持ちの相手」を求めているのに、コンビニで浪費してしまいお金についての勉強もせず、貯金をする意思もなく、自分磨きが面倒くさい、となると絶対にお金持ちに好かれる事はできません。

愛の間違い「LikeとLove」は違います!!

なんとなく「愛」という言葉を理解できている様な気がしても、実はとても奥が深い感情ではないでしょうか?

愛というのは「与えること」であって「受け取ること」では有りません。愛は自分の中に有るもので、誰かに与えてもらうことよりも、与えることで大きくなるものなのです。

女性であれば出産し、子供に対して自分の中に大きな愛情がある事を感じ取れるのでは無いかと思いますが、そのときの感情は「欲しい」という気持ちではないはず。男性はイメージしづらいかもしれませんが、是非頑張ってイメージしてみて頂ければと思います。

そもそもあなたが愛情深ければ、相手も愛情深くなる事が出来ます。人間は誰かに対して心を開くということが実は下手くそなのです。

勿論、歴史の無い関係性においては「信頼感と不信感」が常にせめぎあってしまいます。信頼感をお互いに持つには「愛情」が必要です。お互いに「愛されている」という信頼感が無ければ、二人の関係はうまく行きません。

これはどちらとも無く「自分では無く相手を愛する」という事を始める事ができれば良いのですが、上手く行かないこともあります。傷ついてしまう事も有るからです。しかし、勇気をもって愛する事を始めなくてはなりません。

好き、という感情を英語にすると「Like」と「Love」が有りますが、Likeは非常に軽いニュアンスです。Loveというニュアンスはもっとスケールが大きな感情です。実のところ「誰かをスキになったことは多いけど、誰かを愛した事がある」という人は思いの外少ないのでは無いかと思います。

残念な事に、人間はちょっと利己的すぎるんですね。

素晴らしい恋愛にまず必要なのは変わること!

さて、愛だの恋だの色々な感情が有りますが、「理想の相手」と恋愛をして幸せになる事に必要なのは「あなたが変わること」です。そもそもあなたは理想の相手に相応しい人なのでしょうか?

考えてみましょう。「結婚相手の年収は~」などという考えでは、似たような相手しか現れません。相手があなたではなく、あなたの「年収」が好きと気づいたら結婚したいですか?もし理想の条件のお相手が出てきても、あなたがそれに相応しい能力や人柄の持ち主でなくてはいつか破局してしまいます。

「自分はそんなに大したものではない」という事に、良い意味で気づけるのであれば、もしかしたらお相手に望む事も変わってくるかもしれません。背伸びしなくても等身大で楽しく過ごせるお相手が出て来るかもしれません。

「恋愛をすると決めたから、成長する」と決めた方には、今よりも刺激的な日々がやってくるに違いありません。同じようにモチベーションが高いお相手が現れるでしょう。

真剣に恋愛を始めよう、という気持ちは、きっとあなたによりよい変化をもたらすはずです。今よりももっと精神的にも社会的にもレベルアップして、恋愛の結果は関係なく人生を大いに楽しめたらそれはそれで素晴らしいこと、とめぐ婚は思います。