婚活恋愛成功する秘訣静岡恋活デート

静岡で婚活を成功のきっかけかを恋活デートから恋愛結婚までをつなげる静岡恋活デート本店でございます。

男と女が恋愛することは基本的に「楽しいこと」なんですよね。男女が会って恋愛してその先は一緒になって、その結果が「いろんな意味で楽しいし、独りよりは良かった」ということなんですよね。生き様が最終的に。

楽しくないと婚活・恋活アプリの利用者数は多くないわけですよね。得れる結果に個々が「出会って恋愛していく過程の楽しみ」がないと利用しないと思うんですよね。

あなたが「恋愛」する「過程の楽しみ」が「結果を実現する」のですよね。

そうするとですよ楽しいと思える恋愛は、理想の恋愛過程であって、理想の人に出会う事が必要になる。男女お互いに理想があるわけですよね。まさに十人十色で想いも様々。いい感じにしかイメージできませんね。

理想も幸せも憧れも「叶えるもの」ですから本心を。

いい感じのイメージしかできないのに、いざ理想をお聴きしましょうかとはじめるとね、不思議に思うご回答をうけるのですよ。

男性を探す女性も本当は理想があるのに「条件」という項目になると「年収高い男性」「600万~800万」「暮らしていくのに苦労しない年収で」と漠然的に言われること平均的。

そこで疑問をかんじてしまうのですよね。

「本当にその年収の男性と会いたいのか」と。

「本音でその年収が希望なんですか?」と。

だからいま一度【本音】で言ってくだいとお聞きいたします。

「600万~800万」が本音・本心でしょうかと。

すると

▶:「あ、いや、その年収で十分です・・・。」

と遠慮する。遠慮するってことは本音は【年収はもっとある方が良い】と思っている。

でもいいんですよ、それで。ただしね、もっとあったほうがいいならば【言わなければいけない】のですよ。

だからね、もう一度、

「どの金額がいいんですか?1,000万ですか?5,000万ですか?」

と聞くとね、

▶:「いや、そこまでなくとも・・・。」と、また遠慮するんですよ。

「じゃぁ、なんで600万~800万なの?900万~1,000万と何が違うの?」

「数字は違うけど、多いほうが良いのではないですか?」

と聞くと、

▶:「いや、生活に困らなければ、大丈夫です・・・。」

とおっしゃいます、最後には。

非常に残念だと思いますよね。言えば良いんですよ「剛力〇〇とZOZOの社長」みたいなとか、何かしらあるはずなんですよね、皆さんが「いいなぁ」と思う本音の憧れや理想が。ぜひ言って下さい。お聴かせ下さい。

それをするとね、本音・本心を叶えるための必要なことが出揃うんですよ。ですけど、本音・本心で言わないと言っていることがチグハグになるんですよね。

頭で考えていることと、腹の底で(心にある本心)思い描いていることが違う。この時点であなたはご自身を二人にしてしまう。【思いの想いの中の念い】が違う。その二人があなたの中に存在することになりますよね。

そうするとね、正しい判断とかいい人に会えているのに直感が働かないとか、違う二人が混在するからバラッバラになるのですよ。機会を逃すこと多くなるんですよね。

結果もね、「理想と違う人だ」「年収はいいけど性格が」とか「いい人なんだけどなんか違う」とはじまりだして、デートがつまらない。いい人に会えない。婚活は疲れる。楽しくない。と、心と頭で感じてしまう。

わたくし的にも書いていても面白くないし、楽しくない表現。これでは理想を引き寄せて、それを存分に味わい、幸せの人生を過ごせるのかといえば、逆の結果を引き寄せてしまうし過ごせないほうが多い。

そうなるのは「本心」じゃないからですよね。

本音・本心じゃないと理想は遠のくよ

男性だって「綺麗で」「可愛いくて」「スラッとしていて(見える)」「俺的に性格がよくて・・・」とか言いたい放題ですよね。ある意味。このいいたい放題で本心を言っているときは面白いし、楽しいわけですよね。

それで「石原さとみ」とか、自分が「やっべぇなぁ」となる女性にアプローチしている自分想像してみて下さい、というと「・・・」となるわけですよ。想像=イメージして下さい場面なんだから、そのくらいしましょうよということなんですよね。実際にアプローチすることじゃないかもだけど、すごい大事なことですよ、こういう想像やイメージすること。

だからこそ、せっかく登録面談に起こしていただいて「いい人に会いたい」とわざわざ婚活アプリや街コンでもない、わたくしどもをご利用いただくなら、思いっきり本音・本心でいいですよ。

思い切りが肝心なんですよ。もしかすると清水の舞台から飛び降りる思いの勇気を出して一歩進んできていただいた方もいるのならば、尚更なんですよね。それでいて静岡恋活デートの使い方ってあるんですよね。

それは、理想は叶えてもらうものではなく「叶えていく、ご自身で」。

叶えられる方法お伝えもしているから「出会える・学べる:静岡恋活デート」ですから。

だから最初にお聴きするのです本音を。夢は寝てみるものじゃなく、夢は実現してなんぼ。

その方法をお伝え出来るの人(わたくしども)の仲介を通して異性にお会いする醍醐味ですよね。それでいて使っている恋活アプリや街コンで、はたまた友だちの紹介で「いい人に、出会えた」を引き寄せることになるのですよね。

例えばね、年収1000万超え!私好みの顔!

が、いきなり朝起きてみたら、隣に昨夜は居なかったた、理想の男が寝てる!しかも裸でとか。

現実に起こったら

「おぉぉ! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!  」

となりますかね?

どちらかというと、一瞬、

「ええぇぇぇぇ、何、なに、なにが、てか、誰、え、泥棒?」

「え、もしかして、わたし犯された・・・、ん、なんだ」

「キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ」

と、叫ぶ方が先で、犯罪系とか事件になっちゃうほうが現実的ではないですか?

ドラマや映画の対応でいきますかね。ある意味起きても良いように本音で日頃から振る舞っているなら対応できるんじゃないかと思うわけですよ。

何が言いたいかといえば【理想は叶えていく行動すれば、叶う。または叶いやすい】ということ。

だからその理想を=本音=本心をサラリと言えないのならば、本当はそうは思っていない心の状態ではないでしょうか。

むしろ宝くじにでも当たるような感覚で言っていませんか、その「理想の男性(女性)」「理想の恋愛」「理想の結婚」。

つまり、こういうことです。

【 あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい。】

プラス

【その人の理想にもなっていることもお忘れなく 】

これが事実だと思いますよ。歴史上も人類史上も個々の幸せを叶える法則といってもいいかも。

じゃぁどうすればいいの?

となるので、始まるわけですよ。あなたが理想へ向かうために、

【 今ままでのわたしは、ここでお仕舞い。今からのわたし。そして、その先にある「わたしへ。」】

となっていくためにも【知って行う】ことがスタート。そして出来ることはどんどん取り入れて、その過程を楽しくやっていくと、どんどん良くなっていく。

その手始めとして行動と特徴はこちら↓↓↓

交際までを最短にする男と女の基本行動と特徴

婚活恋愛成功は本音本心で静岡恋活デート

わたくしどもは「二人のウェディング by megmi wedding」というサービスでホテルやレストランで1.5次会ウェディングや神社結婚式、少人数結婚式のプロデュースを18年以上提供しています。そこの新郎新婦を見てきて結果的に、理想の相手を見つけて、いい恋愛して結婚して人生をともにするお二人は、至極シンプルな行動で楽しく恋愛をしていますよね。

▶:男が女にモテる特徴と行動

優しい(広いいみで様々種類有り)< 強い(気持ちも、仕事も含む)< 手が早い 

▶:女が男にモテる人の特徴と行動(好みの人と上手く行かせるコツ)

可愛い・綺麗(いろんな意味で)< 優しいい(そうに見えるだけOK)< 手が早い

この様な男女がうまくいっている特徴で、かつ共通する項目が【手が早い】ということ。これに限ります。

静岡恋活デート管理人ボウズ頭のわたく、今は代表コーディネーターを家内としての既婚者ですが、事実の話し小学生5~6年で女の子から付き合いたいといわれてから以来、学生時代、社会人になり女性と付き合うことに不自由したことがないのです。風俗も不要だし、女性にお酒を奢る夜の店も不要。代表コーディネーターも男性に不自由なしの人生なのですが、二人共やっぱり思い返すと「手が早い」です。

手が早いが超お得って、もしかしてアレですか??

手が早いというのはアレじゃないですよ。男性ならすぐにホテルに行こうとか誘うことだと思われがちかなんですが、そうじゃないの(まぁ、ある意味そうかもですが。)でもそのプロセスにもっていく「行動が早い」ということですよ。

要するにアプローチまでが早い。

ざっくばらんな飲み会の集まりでも合コンでも「あ、いいじゃん、この人」と思ったら最初からアプローチですよ、ストレートにが信条の坊主頭の管理人。

「めちゃくちゃ、今日も綺麗ですよね~、見とれて話しかけ出来ませんでした。って話しかけいますけど、デートに誘いたいですわぁ」

などと声を書けてしまいます。

ある意味ここで相手がわたくしのことを嫌ならば「きっぱり」な態度をとるのですよね女性は。だから次に行ける。

好きじゃないと言っている相手に「好きだ!」と言っても仕方ない。行き過ぎるとストーカーとと勘違いされるので潔く次の相手へ。

要するに結果を白黒つけていく。しかもここには「得意ゾーンの雰囲気に限り」という話しかける条件があるのですよね。わたくし管理人的に。

この【得意ゾーンの雰囲気に限り】の内容は成功率無敗です。後日、まとめていきます。

さて、女性ならば狙った男性には、この【手が早い=手の速さが】一番じゃないですかね。

実際にやられて悪い気がしないし「動揺」するかどうか、その男性の本質を引き出すには最も効果的。

それは、【 突然、何の気なしに「少し長く、見つめる」。】

これで男の次の反応で相手の本心を狙い撃ちできるアプローチですよ。

その前後に男の話しに「合いの手」で反応するのもお忘れなく。できれば「愛の手」であればいいのですが、まずは「合いの手」ですよね。

話していることにうなずくなどの反応するといわれていますが、興味あるない関係なしにちゃんとお話しを聴いていると「へぇ、そうなんだ~」って思うことはどんな話しでもあるわけですよ。

首を動かして「うん、うん、」しているだけでもだめなんですよね。

わからないなら「それは何のことですか?」とか疑問質問が合いの手のこと。

「それって、どういうことですか?」とか「それで、どうなるんですか」とか。

これで会話が成立していくんですよね自然に。

もし、単なる自慢話や他人のことばかりの内容や誰と話しているかわからない話し方ならや一方的の内容なら、それを「お伝えする」ことも大切。これも「手が早い」の特徴の一つ。

「さっきから、自慢ばかりでつまらないんですけど・・・。」とか

「さっきから、人の話ばかりで、アタナの話しは何一つされてないんですけど・・・。」

「一方的に、解説・説明書みたいな話しされて、わたしにどうしろと言うのですか?」

と、本音でいきましょうか。女性の皆さん。

そこで大人の対応でにこやかにしていても気分が悪くなりますし。楽しくないわけです。

そういったことは会社関係や毎日付き合う組織でしているわけですし、そういうところで行っているわけですからいいではなありませんか。だって人生捧げる伴侶候補を探す時間なんですから。

それでいて、そういうことを投げかけた際に、次の反応で解るじゃないですか、その男性の器がね。器量が解るんですから良いことじゃないですか。

その時間に付き合ってしまうと、あなたが精神的に参ってしまいますよ。その前に恋愛期間もあるわけですし。

本音・本心でズバッと言う。これって良いことなんですよね。お互いに。特に、その男性には良いことになりますけどね。

どうしてかというと、いままですーーーっと女性にその話しをすることが良いことだと思っているんですよ。だから誰とでもそういう話し方なんですよ。

でもね、もしそこであなたがそれを言うなら、その男性はそこで本当は学びなんですよね。あなたが教えてあげることに成るのだから。それを言われた方はどう活かすか次第で、大きく変われるんですよね。

これで「なんて女だ!」とか「傷ついて・・・。」という男性は、そこで終了なんです。残念ながら。

また同じシーンを繰り返すんです。気がつくまで。行動をチェンジするまで同じ似たような境遇に出くわします。本当に不思議ですが、そういうもんなんですよね。世の中。

なぜそうなるかは「恋愛相談されたの方」にお伝えしています。だから交際出来る相手と出会い、後の経過はトントン拍子にいくんですが・・・。

まとめます。

【 あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい。その人の理想にも、なっていることをお忘れなく 】

【 今ままでのわたしは、ここでお仕舞い。今からのわたし。そして、その先にある「わたしへ。」】

そのために、

▶:男が女にモテる特徴と行動

【 優しい(広いいみで様々種類有り) < 強い(気持ちも、仕事も含む) < 手が早い 】 

▶:女が男にモテる人の特徴と行動(好みの人と上手く行かせるコツ)

【 可愛い・綺麗(いろんな意味で) < 優しいい(そうに見えるだけOK) < 手が早い 】

少しずつでもいいから、本音・本心に従って本当はこういうファッションをしたい。メイクもしたい、髪型にしてみたい。全部やったらいいですよ。どれが大事とか限定はないのです。全部大切で大事。にこやかに過ごす。陰口や愚痴、泣き言を言わないと決めるて行う。これでだけでも無料でできることですし、昨日と今日で全然かわってきますよ。

たった一度の人生を、世間の顔色うかがって、やりたいこともやらないで、死んでいくのは口惜しさ

どうせもらった命なら、ひと花咲かせて散っていく桜の花のいそぎよさ・・・と斎藤一人氏の言葉がいいですよね。

ご参考に。ご一読、有り難くでございました!

難があるから【有り難く】という。難がないと【無難】という。ぶなんの人生は楽しいですかね。どうですか。

ありがとうは【難は有り】で有難うございましたが「ありがとうございました」なんですよね。