恋活デートうまくいかない成功するデートは

静岡の婚活はデートで会うことから始めれる静岡恋活デート本店です。先月9月の月末〈9/22~9/30〉デートセッティングは【セッティング27組・恋愛相談24件】と恋人探しのきっかけをセッティング中。

「デート失敗」とならないように、デート後に恋愛相談サービスを活用して上手に進展させる方も多っかた先月。

うまくいく方は「モテるテクニック」とか「婚活はこうすれば上手くいく」とか「デート成功のコツ」などの様なスキル的なことを駆使して交際に至ってるわけでもなく「それはちょっと・・・無いでしょう」という【デートで失敗すること行わない】ことです。失敗するデートを知り、辞めればデートの成功率も上がることは至極シンプルでかつ誰でも出来ることなのです。それはどの様なデートが女性的にNGなのかまとめてみました・・・

と、言う流れならYahooやGoogleで検索すれば大多数の記事がまとめてくれているし、指動かすのが嫌なら「OK、Google!」か「Siri」に話しかけると過去のデーターから検索し当たり障りない記事表示がされる。もっとディープな実態を知りたい!というなら発言小町やガールズチャンネルとダイレクトに検索すれば面白ほど感情おまかせの乱文毒舌記事が出てくる。

・話しを聴いていない
・氣が効かない(男女差を意識していない)
・なんでもお任せ(優しさや気遣いと勘違いしている)
・思い込み激しい嫉妬心
・情報鵜呑みのレディーファースト
・予定外な自体に思考停止
・距離感の詰め寄り急務
・自分の予定に執着しすぎる
・「俺さ~」「知ってる!」かぶせてくる

などなど、定番の内容がご丁寧に解説付きで記事化されている。(検索すると読めますので「デート失敗」系を入力のほど。)それだけ「いまいちだなぁ」と思われる「不満なデート」が多くある事実なのでしょうか。それとも盛って煽っているのか・・・。

ちなみに女性の見かける「損する方」の傾向【費用に対する損得勘定が前提条件(心情)で出会う行動をしている女】

物を買うショッピング【我が暮らしに必要な買い物をわたしが使える費用内で買い物する】のならば正解だが、男女の仲のきかっけを有料だろうが無料だろうが、その様な視点で行っている方は全国的に不縁が多い事実を参考にするかしないかはアナタ次第です。

さておき、この手の記事を見たことで自己反省の観察で、現状否定し改革し改善を重ねていくようなことをされることはほぼ皆無で希少。行う人達が多数でてくれば婚活サービスも淘汰されていく。結婚式場は一気に潤う。そうはならないので、少々ビジネス構築をするかのごとく、観察・分析・判断にて解決をするための要素を抽出してみる。当たり障りない事を書いてもなんのプラスにもならないし、一読のお時間いただくことにも失礼ということで。。。

デート失敗の原因「不慣れ」を解決へ

どちらにせよ原因と思われる傾向は、女性との交流が希少なゆえ【不慣れ】という課題。

▶:課題解決のテーマ「慣れ」=女性との接触機会の増大でしか解決できない。

▶:女性慣れの「コンセプト」=デートと言う時間を楽しく過ごし、互いに次のデートへと繋げる。

そこで「テーマ」を達成し「コンセプト」を【実現し再現性】を高めていくには【行動・作業】行うことでしか解決できない。ネット上で妄想していても何も起きないのは明白。

行動した結果

▶:【実現したい未来】=男性的欲望からなる、個々に叶えたい順序に成る。
(モテる・口説きたい・惚れる人に出会う・緊張しない・付き合う・結婚前提・結婚などなど様々)

とは、観察してわかるものの、いざ行動に移そうにも・・・

▶:【内なる自分自身】=【もう一人の自分】が【行動障壁】を創り妨げている要因を作っていませんか?

どの県でも市でも、国内どこに住もうが、だいたい同じ相談が多発。「独身男女の悩み相談は、いつも自分の「自信に関わる」ことばかり、なぜそうなるの?」ということ。

ほぼ8~9割、ココが大多数の普遍的な難所。

その障壁の正体は【自信のある・ない箇所】という目には見えなく、とても抽象的で「学歴・保有資格・年収・会社の規模に就職している・役職」では解決できないしろものではないでしょうか。その自信をつけようと躍起になる男性もいるのも事実。

関連事項として、この【自信がある・ない】から派生する【コンプレックス】という個々の【悩み】(誰にも言えてない系)も【行動障壁】に起因している。

【自信ある・ない】×【コンプレックス】が複雑に絡み合い、本音の心と理屈的判断する思考が相反しているので【あなたらしさ】の言動が産み出されないので不自然な雰囲気を醸し出すことが少なくないと。

それにより、自分の心(自尊心=プライド)には影響のない環境や空間では普通にで過ごせるが、ある一定の利害関係が派生する男女複数の人達が入り交じる空間では、何かしらの【自信がある・ない】部分の精神性の【自尊心】に触れてしまい自身の言動に影響を及び行動阻害になりがち。

【行動阻害は】:自尊心に何らかの事柄が打破できない(クリアできない)状態・状況・環境により派生する総称的に言えば【恥ずかしさ】と表現される優劣の比較思考が邪魔立てしてくるのだろう。この劣等感的感覚の上限下限の幅は個々の経験値により感じる・感じないの幅がある。付随して、この様な精神性の起因は育つ環境から社会生活の影響度が高く影響あると考察。

要約すると、

これらを払拭するには暗記的学習方法の経験やスキル習得的感覚では簡単には解決し難く、人の体験談でもなく自身の経験値でしか大幅な精神許容は広がりにくいことが推測される。よって、手法の一つとして自問自答にはなっているとは意識しない対人との対話からの自問自答形式がセッションがいいのではと考察する。要するに相談という場での本音の吐き出しで、自分自身を知ることで百戦危うからずになれるということで、

【自信ある・ない】×【コンプレックス】×【行動阻害】を見つけ出し、それらを解消する手法の【経験する・行う行動】が、テーマを達成し実現される【未来を再現】することは可能となる。

身近に行動的経験値を積むなら、例えば手っ取り早く実家暮らしなら一人暮らしにしてみる。いつもなら選ばない方を選択する。全ての生活様式において、今までとは違うこと取り入れることからで、全く結果は違ってくる。

善は急げ的に行いたいのなら「心は(腹の中は)なんて言っているの?」を聴いて、それを「行う・言う」こと行う

心がない頭だけで思考して話しているうちは「心がない会話」になるからうまくいきずらくなる。その場しのぎも同じ、因果報応で返ってきます。

以上を踏まえて、ドライに記載してみた。最後にひとこと。

【 理想って、検索だけでは出てこない。 】