静岡婚活疲れに朗報

いい人に出会えなくてお見合い婚活疲れ。友達以上恋人未満で交際ならず。付き合っても恋愛成就できない。などなどと独身男女の馴れ初め事情は日々色々ございます。

静岡恋活デートが今回は少々、知的にぼやいてみます。

「宝くじは買わないと、当たらない」

男女の仲もそれ同様。

「会ってみないと、始まらない」

感覚的「男女の交際から成る恋愛結婚」に少々数字的に科学の力で観てみるのも、これ一興。

あおって、吹聴しまくるマスコミの未婚率が~とか、結婚したくない男女が増えている!とか、テキトーに面白おかしくどうでもいい存在のワイドショー番組やネット記事に惑わされることなく、一つお願いしたい。

要するに

「あなたが会いたい人も、きっとあなたに逢いたい」

静岡婚活疲れに朗報2静岡恋活デートで会いたい人に会える

と、いう出会いになっていないだけのお話し。そこでこの度、独身男女に朗報あり。既に静岡で婚活うなくいかない方、恋活男女にも吉報!

下記図表に注目!!!

図表は【18歳以上35歳未満の未婚者の結婚希望の推移を表した図表】。

それによると・・・。

男女とも約9割が「いずれは結婚するつもり」と回答!

日本においてはこの20年以上もの間、結婚希望割合は男女とも非常に高い!!

ということがみてとれる。大切なので、もう一回。
—–
男女とも約9割が「いずれは結婚するつもり」と回答!
日本において、この20年以上もの間、結婚希望割合は男女とも非常に高い!

—–
ここ大事!「会いたいなぁ」「恋愛したい!」と思う人にとっては嬉しいデーターですよ。

図表から伺えるのはつまるところ、そうなれるお相手と男女とも皆々様、

「出逢いてぇぇぇぇぇぇ!!!」と言っている。

逆に「未婚でいいよ」「一生独身Ok」という方々は希少と言うことですよね。職場や近しい方々の【雰囲気】にくれぐれも、惑わされることなく願いたく。

事実!子どもは欲しくないと回答した割合は、
たったのわずか男性6%、女性5%

上の図表【図表4】この20年間をみると安定して未婚男女とも平均すると2人を希望していることがわかる。

ちなみに結婚意志がある未婚者のうち、希望の子ども数は0、(子どもは欲しくない)と回答した割合は、わずか男性6%、女性5%。

つまり、結婚意欲のある未婚者が結婚に至らないのは、なんらかの障害が確かにあり、それが取り除ければ解消できる。とくに独身男性に当てはまる課題。

独身男性へ「お金が足りないから結婚できない」は幻想。
電卓弾けば解るよ。

婚活疲れに朗報静岡恋活デートで会える3

付き合いたては楽しい・嬉しい!も交際年数数立つと迫ってくる「現実」に引くことなかれ男性諸君!

とお伝えしたい。「お金がないから結婚できない」ということを言うなれば、その金額はいくらなのか?ということを「計算したのかい?」とお聞きしたい。

またまた、そのご判断は、世の雰囲気とか、どこからともなく耳に入ってきた情報の真意を確かめることなく鵜呑みにしているとか、既婚者の愚痴だったりを鵜呑みにしていることが大体のオチ。

もし既婚者のお金の苦労話しで引くならばら、一つ質問。

それは【あなたのことですかね?】

未婚のあなたが同じ状況なのかといえばそうではないこと事実一つ。

逆にそうならないようにリスクヘッジできる事前情報を入手している状態に氣がつこうならお得感ではないでしょうか。

既婚者 VS 未婚者
どれくらいのお金が最低限必要と考えているの?

—引用
民間シンクタンクの2016年実施の最新調査3において、20代から40代の男女が「結婚生活を送るために最低必要だと思う世帯年収」を回答者の既婚・未婚別にみることが出来る。
3 明治安田生活福祉研究所「第9回結婚・出産に関する調査」2016年3月実施
回答者:全国の20歳から49歳の男女3595人、調査方法:WEBアンケート調査

結婚生活の現実を知る「既婚者」と未経験の「未婚者」との間には、金銭感覚のズレがあることがわかる(図表5)。

お金がないから結婚できない静岡

既婚者の回答は1位2位の300万円から500万円に約半数がおさまっているのに対し、未婚者は1位2位の400万円から600万円に約半数がおさまっており、既婚者よりも100万円以上必要と思う年収ゾーンが高額となっている。

また、既婚者ではランクインしてこない、最低年収700万円から1000万円といった回答も未婚者では1割を超えている。総じて、図表5からは、2/3以上の男女が最低ラインを世帯年収400万円以上と考える未婚者の世帯年収感覚と現実的な感覚とのズレが指摘できるであろう
—-

お金はあったことに越したことはないのも事実。だがしかしです。お見合い婚活女子での「あるある」年収700万以上の条件お見合い者に一石質問。

「あなたにとって年収700万とは?一体に何?」どうでしょうか、スパッと回答できますか

実際にわたくし、質問したことがあります。体外の答えは「・・・・・・」沈黙。ないんかいっ!っと突っ込みどころ満載の経験。同様は「いい大学に入れ」という親と同じ。「いい大学って?何。」が曖昧だから、その学生にとっていいも悪いもないわけです。

正しい答えは「あなたが決める理由が正しい」。意味を定義してみることを大推奨。

世の中がこうだ、あーだ。他人の芝生を氣にしてのステータスなら全くいいこと無し。そういううちは何も成さないこと自然の摂理。決めていな方が神社仏閣、パワスポ巡っててもご利益なし。これ真理です。(※詳しく聞きたい方は【恋愛相談・特別編希望とご連絡を】詳細にお伝えいたします。)

20代未婚女性 VS 30代未婚女性の結婚後のお金についてはどうだろうか

前項では、未婚者が既婚者よりも高い世帯年収が必要であると考え、400万円以上の回答が大半を占めることが示されたが、ここでは高い水準を希望する未婚男女のうち、妊娠・出産などお金がかかるライフイベントをより現実的にとらえる女性が必要と考える世帯年収ついてを考察。

下記図6は民間調査において、20代・30代の未婚女性がどれくらいの年収を結婚相手に最低基準として求めているのかがわかる調査結果

あきらかに20代未婚女性よりも30代未婚女性のほうが男性に高い年収を最低基準として希望していることがわかる。こちらも単なる不安からなる実精査不足が顕著に出ている。

調査結果として:明らかに20代未婚女性よりも30代未婚女性のほうが男性に高い年収を最低基準として希望し、400万円未満の年収男性でも結婚相手である、と考える女性は20代で3割弱。30代では2割弱となっており、未婚女性は年齢が上がると結婚相手の男性へ求める最低年収も上がる。

総括:「20代未婚女性の6割、30代未婚女性の7割が最低400万、またはそれ以上の年収を相手に求めている。」

独身男女は日本の年収構造を知っておくといいのでは?

前項の実数値から外れた未婚女性の希望はさておき、現実的な日本の給与所得者の年収として、国税庁の公表しているデータが示す「お金の現実」が図表7を閲覧。

30代未婚年収高い男性希望はいつまでも結婚できる相手に出会えない

図表7は結婚を希望する相手を年収条件で探すとどうなるかを知ることが出来る。「せめて日本人の平均的な所得の相手を」と望んだとしても、

▶1:40歳以下の未婚者「1人」に年収400万円以上を望むのは、相手が正社員・非正規社員だとしても【困難である】事実を示されている。

▶2:平均年齢45.4歳の男性で、ようやく500万を超える平均給与のこの国、日本。

▶3:一般論として20代、30代の男性に「最低年収400万円」を求めることは現実を無視した金銭感覚となります

したがって多くの20代、30代の未婚女性は男性に対し、現実的に見ても結婚の最低条件に非常に厳しい金銭的要求をもっていることが示されている。並びに、独身女性が独身男性に現実を度外視した収入要求を持っており、未婚者は男女とも既婚者よりも生活に必要な収入額を大きくとらえてしまっている傾向にある。

つまり、「お金が足りないから結婚できない」という未婚者の回答は、額面どおりに受け取ることはいささか問題があると考えられる。お金が足りないから未婚でいるのではなく、結婚するにはお金が足りないという【単なるイメージ】があるから【結婚できないイメージ】からなる回答をしている可能性が高いと伺えるのではなかろうか

このことから日常的に独身男性もこのような【イメージ】を真に受けすぎて【お金がないから結婚できない】というイメージを【独身男女同士】でご自身で膨らませていることは多々見受けられる。

すなわち独身男女双方に現実感覚を認識してもらうことが、結婚への障壁を下げれることは要因の一つ。さすれば、相手を見つける行動喚起させられることへつながれば幸いだ。だからこそまずは「相手と会ってみる行動を起こす」ことが最重要。

「結婚資金が足りない」を気にするのは独身男性だけだった。

お金がないから結婚できないイメージが根底にあるならば、そのような関係になる様な行動も少なくなるのは必然。

だが、しかしです。上記の図9「独身にとどまっている理由」において、アラサーと呼ばれる20代後半から30代前半になっても、女性からは「結婚資金が足りない」という回答が上位にあがってきていない。一方、男性では3位の3割の理由に挙がってきている。このことは、女性は自分(女性)の問題として「結婚資金」を考えていないとも考えられる。

お金の問題は未婚者の独身でいる決定的な理由ではないものの、男性が一方的に責任を感じさせられる問題となってしまっている、という日本における固定的な性別役割意識が見え隠れしていることで結婚のための行動が出遅れていることの方を問題視することがすこぶる肝要だ。

このような状況でも交際を経てゴールインするカップルも毎年60万組前後存在しているのも事実である。

次回は結婚の決めては年収か?「それが全てなら結婚できないよ」という既婚者のデーターから世の中の男女事情を観察します。

本記事の参考引用資料サイト:未婚の原因は「お金が足りないから」という幻想-少子化社会データ検証:「未婚化・少子化の背景」は「お金」が一番なのか-

デート申請したい方は無料会員登録面談からスタート。

《デート希望は下記にて無料会員登録面談の予約を受付中です♪》

▶お電話で会員登録予約は:054-645-3108
▶メールで会員登録予約は今すぐこちらから!

「静岡恋活デートめぐ婚」は静岡.藤枝を中心に独身男女が知り合うためのデートセッティングサービス。

遊び目的ではない「まずは会ってみて、知り合う時間のきっかけをデート形式」でご提供しています。条件で選ぶ婚活お見合いではございません。あしからず。

お友達同士の登録後、2対2、3対3などデートセッティング同時利用も可能でございます。

会員登録はもちろん無料登録。更にはデートセッティングコースご利用でカップルになり結婚が決まっても、結婚相談所というところでみかける【成婚料はいただきません。】

やっぱり恋愛結婚したい!
【恋活相談プラン】会員登録も急増中!!

♢相談しながら恋愛結婚したい方は こちら
♢恋活デート(登録無料)で自然な出逢いが欲しい方は こちら

プラン詳細についてのご質問は、お電話でのご連絡が早くて便利です!
▶お電話:054-645-3108