藤枝縁結びパワースポット巡り満蔵寺

静岡恋活デート的、静岡藤枝に縁結び&パワースポット巡りシリーズ。現地、奉拝・お参りしまして皆様のご縁も祈願しております。

さて、今回は藤枝のお寺へ満蔵寺をお参り。由緒を知るとこちらも行くしかないでしょう!という仏閣をご紹介です!

開創してから現在で約450年!!の歴史。

暁居山・満蔵寺(ぎょうこざん まんぞうじ)
——
【宗派】
地蔵曹洞宗(藤枝市 心岳寺末)
【本尊】
地蔵菩薩 伝行基作
【開創】
改宗開創 永禄十二年(一五六九)
【開山】
改宗開山 浦山孝順大和尚 心岳寺四世
【開基】
不詳
【現住】
古市 太郎(住職)
【ご利益】
良縁祈願・縁結び、水子供養

▶満蔵寺公式サイトはこちら:http://fujiedajuku.jp/manzoji/
——

とてつもなくありがたい家宝があるよ!満蔵寺の「三仏堂」

藤枝縁結びのお寺満蔵寺

三仏堂には文殊菩薩様、普賢菩薩様、勢至菩薩様がお祀りされています。

・文殊菩薩:卯年生れの方の守り本尊

・普賢菩薩:辰年生れの方と巳年生れの方の守り本尊

・勢至菩薩:午年生れの方の守り本尊

守り本尊とは?
あなたを守護してくれる仏様のことをいいます。あなたの一生を守り続けてくれる仏様のことです。あなたの生まれた干支の守り本尊が祀(まつ)られているお寺を見つけて、お参りをご推奨。お参りの際は、各本尊の御真言を唱えるか、頭の中で真言自体をイメージしながら日頃の感謝と祈願をどうぞ。

各干支の守り本尊と御真言は独断と偏見でリンクさせていただきます。わかりやすいと思うサイトへリンクされていますので氣になる方はクリックを
こちらのURLからどうぞ。http://www5.synapse.ne.jp/~todoroki/siryou/et-honzon.htm

由緒はこちら。

創建されてから140年程過ぎ、室町幕府が衰え応仁の大乱(1467~1477)が続いていた頃のことである。夜更け満蔵寺に2人の少年が訪れた。2人とも唐櫃を背負い、長旅をしてきた様子である。

その少年が、
「私達は京都からやってまいりました。都は戦いが続き、火事や夜盗が横行し、とても人が住める状況ではありません。私達は尊い文殊菩薩、普賢菩薩が兵火にかかるのを見るに忍びず唐櫃に入れて背負ってきたのです。

わが家の宝であるこの二体の仏様をこの寺に奉納するので、大切にお祀りしていただけませんか。」

と頼んだ。住職が唐櫃の中を見ると、気高い尊顔をした文殊菩薩、普賢菩薩が納められている。

住職は感嘆沸涙し、「この寺に来たるも仏縁、ありがたいことだ。」

こちらの仏像、寺伝によると、この二菩薩はなんと・・・!

【楠正楠、正行父子が奉祀した楠家の三尊仏の2体】であったと言う。

そこで住職は由緒ある仏様として別堂を建立し、後に勢至菩薩を合祀して満蔵寺三尊仏とし祀った。

満蔵寺の三仏堂

堂内には、このような縁起物も!ご住職の心遣いを感じます。

藤枝良縁祈願のお寺満蔵寺の地蔵だるま

アップでこちら。お参りの際にご祈願をおすすめ。

藤枝良縁祈願のお寺満蔵寺のだるま

さらには、近隣の十二干支霊場もご丁寧にご案内されております。ご自身の干支の守り本尊様へご挨拶に一度は行くのもいいかと思いますよ!

藤枝良縁祈願のお寺満蔵寺3

実は、行ってみたい!けど・・・でも、行ってみたいお寺さんの行事

・【写経】毎月第2日曜日(14時〜)

・【坐禅】毎月第3日曜日(6時半〜)

満蔵寺の年中行事はこちら:http://fujiedajuku.jp/manzoji/schedule

わたくどもも、心遣い改めに写経と座禅をいただきに計画中。その際は、またレポさせていただきます。

ぜひ、満蔵寺も良縁祈願のお寺としてお参りしてみませんか。