結婚が目的藤枝結婚相談所めぐ婚

静岡藤枝で婚活という名のちゃんと恋愛できる出逢いをマッチングさせる「めぐ婚」です。もっとわかりやすく言うならばコンシェルジュサービスですから、ニュータイプの「結婚相談所サービス」というジャンルに入るそうです。

さて、今回も編集部の独断と偏見の独自性で綴っていきます。が、本質は外しません。

結論から今回も。「結婚が幸せ!」と言ってしまうほど残念なものはない。

本当に目的が「結婚」になっている方要注意ですよと言いたい。広大な「自己都合の結婚生活像」がとめどなく広がりを見せている!ということを男は氣が付くものです。

実際にいましたこういう女の方。結果いまでは離婚調停の仮面夫婦化した決断先延ばしです。

する前は「選ばれる女になるために!云々かんぬん」と行って時間を浪費した「自分磨き」の結末は「旦那の浮気発覚」というオチ。

やっていることに依存しすぎてたり、これをしているから大丈夫とか、通っているから「自分磨き」にはなっているは実際になっていない。

選ばれる女を努力したのに!と言っていましたが、學んで実践できない、身につかないコト・モノは習い事ではい。無味乾燥なココロの躾はチャンジ出来ませんよね。人格の向上に結びつかない。

肝心な「お互いの本音の会話」が全く抜けている。ゼロ円で出来るのに、大事なことを見て見ぬふりしていたかのようにも思えますが実際はどうだか判りませんね。

解りやすく言えば、ブランド服自体は着ているだけで似合ってない、けど、本人カッコいいと思っている。「着こなし」をしらない自己流の始末に困るパターンと同類。

男の前で「すご~~~い」は逆効果。

結婚が目的は違う藤枝静岡結婚相談所めぐ婚1

本来なら「このひとと一緒に居たい。しかもずーーーーーーーーっといたんだよ!何をしていても頭から離れない!うぉ~どうしよう~」と氣持ちがスパークしてしまうのが恋愛男女の気持ち。

そうなれば自発的に告白するんですよ。プロポーズだってするんですよ。どちらが言う言わないはこの際どっちでもいいわけです。大体はね。
(男には下心も多少はあるよ。無いって言う事の方が不誠実。ここは全世界の男の共通点、でも気持ちがあってこそ。ココが大事)

なので男の前で「すご~~~い」は逆効果。

(ホントに凄いと思っている時の驚く声は違うよね)

言っているだけの「すご~い」はバレバレよ。褒めれば良いもんでもないです。

この様なおべんちゃらを言わずとも良い相手と「会える行動を起こして」実際に出会うSTEPを踏み、会いながら探してみるのはいかがでしょうか。それをお手伝いできるのがめぐ婚なのです。

言うなれば「恋愛に発展させる婚活をしましょうよ♪」というのが、めぐ婚の結婚相談サービスのコンセプトにもなる部分です。だからぶっちゃけます。本音で言います。

お見合いを何度も繰り返しても「いい人が見つからない」は、あなた様の氣持ちが動く「本当の決め手」をお伝えしてないから「会えてないだけ」ではないでしょうか。照会のミスマッチという側面も考慮し踏み込まないといけません。

現に、知り合いの婚活マッチングの会員にはこの様なパターンがあります。

「電気を点けっぱなしじゃないと寝れないことを理解してくれるのか不安」

「匂いが好みじゃないと・・・。」

独特の性格の僻しょうという点。誰にだってこの様なフェチはあると思いますよ。ここを知らずにこちら側がお相手紹介してもうまくいくはずがないのです。知っていればフォローできる部分は多々あります。

本音の氣持ちの部分が会ったうえでも「結婚観」や「交際感覚」を互いに共有し、納得いき人に迷惑かけず責任範疇に出来るのであれば今までの婚活男女はもっとチャンスが幅広くなると思いませんか?

結婚させる事が「めぐ婚」の結婚相談所スタイルではないです。氣持ちが動く「恋愛感情が起こり」、結婚したくなる交際の「きっかけづくり」ができることが本筋です。ここをすっ飛ばして「結婚が幸せ」なんてことはあり得ない。

結婚した後の夫婦生活が「本流」でしょうに。

進展すれば、交際中の実情は本人同志となりますね、ひとの氣持ちを理解するには本音で話して、解るまで話してみるのはいかがかとと思いますよ。好きとなれば解りたいとなるのも必然。だから少々ぶつかりもしますが、それ当然。

結婚という目的と結婚する(婚姻届け提出&結婚式を挙げるだけとかも)意識は辞めておこう。いいことがないし何も生まれない。もう少し、らしく行きたいですよね。