静岡お見合い疲れ 求める相手は「話がハズム人」

「うわぁ~」+うらやましい表現

「すごい」「うらやましい」「いいなぁ」など、自分の憧れや羨望の気持ちを単刀直入に伝えれれるリアクション系の相づちです。たった一言ながら、豊かな表情とセットにすることで、相手の優越感をほどよくくすぐります。

謙遜しながらも実は自慢したい、誰かに褒めてもらいたいという相手の思いをうっすらと感じたら、大げさなぐらいに顔の筋肉を動かしてリアクションしてみましょう。

「そんなに!」+驚きの表情

私たちは、会話を通じて相手と感情を共有したいし、相手が自分の話に興味があるのかも知りたいもの。でも、ただ「興味があります」と言葉で表現するのは嘘っぽい。そんなときはリアクション系の相づちを使います。会話の内容に則した表情とセットにすることで、本心からの興味を伝えます。「驚き」は、顔の表情筋を全方向に動かすので、見た目にも感情が伝わりやすい相づちです。また「そんなに!」という言葉はすごさを強調するので、相手の話にはずみもつきます。

「ホント?!」+語尾を上げる

相づちの基本は、促し系の相づちです。会話ベタな人は、相手が話の本題に入る前の状況説明の段階で、「いつ?どこで?誰と?」と尋問のような質問をしたり、「いいね」と感想を伝えて話の腰を折ってしまいます。「ホント?!」は、言葉の意味としは疑いになるのですが、話題の序盤で「ホント?!」と相づちをうつと、ついつい「ホントホント、それでね」と続きを話したくなる心理を刺激します。

「あなたはどう思う?」

例えば、「夫の行動が最近おかしいのよね。」という話を聞くと反射して「え?浮気?」などとワイドショーのリポーターのように反応しがちです。

早計な意見や判断を口にするのはデリカシーに欠けますし、不安を共有したい相手には不信感が募ります。そんな時は、相手がなぜそう思うに至ったかをじっくり語れるように「〇〇さんはどう思うの?」と促すと、思いやりある誠実な対応になります。

「ぜひ!」

「今度、食事でも」などとお誘いを受けたときに使いやすい、好印象を与えるマジックワードです。実際にお誘いを受けたいとき、社交辞令で終わらせたいとき、相手の意図を探りたいときなど、返答は「ぜひ!」に続く言葉で調整します。本当にお誘いを受けたい場合には、「いつにしましょう?」と日程調整に入ります。社交辞令で終わらせたい場合は「ご都合がよろしいときに」とつけて終わらせます。気持ちを探りたい場合には「ぜひ!」とだけ答えて相手の次の言葉を待ちます。

「無理もないよ」

共感は、感想の相づちと混同されがちです。しかし、共感は相手の感情を言葉にする相づちです。相手がそれまでの話で表現しきれなかった思いをあなたが言葉にすることで「よく理解してっもらった」と相手に感じてもらえます。自分の行動に対して「仕方がなかった」と思う一方で罪悪感を強く感じている場合、「こうするほかなかった」と心の整理をつけてもらえる相づちです。

そう思うこともあるよね

自分の意見や愚痴を肯定してもらいたがっている人に対する共感の相づちです。共感は、自分の意見ではありませんから、100%同意できない内容のときも使えます。「それはちょっとね」と感じる話に、「そう思うこともあるよね」と同意もしないけれど肯定はしているニュアンスで返すと、角を立てずに会話をを進行することができます。人の悪口で盛り上がっているときにもこの相づちをうてば、自分の意見を言わずとも場の空気を壊さずに、うまく逃げることができます。

さびしいな

相手が約束や予定をキャンセルしてきた際に使います。ほかに「残念」という感想もありますが「さびしい」の一言は、より感情をダイレクトに伝えますので、相手には自分の存在を大切にしてもらえたという自己重要感が生まれます。また自分がキャンセルせざるをえないときも「残念」の代わりに使うと心の距離が縮まりますので、お断りしているにもかかわらず好印象を残せます。

好きだなぁ…

感想系の相づちは、相手の話に対して短く自分の感想

意見、良い・悪いの評価を伝える目的で使います。相手の話を要約したうえで、ベストの感想を選んで一言ぽんと返します。「そういうところ、好きだな~」とぽつりとつぶやくように言うのがポイント。

人は直接「好きだ」と評価されると恥じらいや疑いから思わず抵抗しますが、つぶやくと抵抗をさけ、好意が伝わります。

楽しそう

ぜひ覚えてもらいたい、感想系の相づちです。基本は「こんなイベントを企画してるんだけど」など、相手が未来の出来事について期待感を持って話してきたときに使います。上級編は三段活用させます。プランを提案されたときに「楽しそう」、実際にプランを実行しているときに、「楽しいね」、終了後に「楽しかったね」と折々に感想の相づちを入れます。相手は最初から最後まで楽しい時間を共有できたと感じ、ぐんぐんと心の距離が縮まります。お断りの際に、冒頭に一言加えるのも有効です。

会話をハズませる10つの相づちを実践しよう

今回は具体的に、相づち方法をお伝えしました。
会話に自信がない方も、相づち方法さえ習得すれば、相手の会話を盛り上げてあげられ
さらに聞き上手になれるのでは?!

この人とは話がしやすいな、そんな風に相手に思わせたら、前進あるのみ!
今までの婚活でなんか縁がない、話が弾まない。そう感じていたのなら、もしかしてあなたの今までの会話が、相手に話させる気持ちを盛り下げてたのかも!

今回の技をまずは異性に実践してみましょう。

新しく出会う異性の方と会ってみる

モテちゃう相づちを習得したけど、実践する場所、相手がいないよという方は、静岡恋活のサービスを利用してみよう!

『静岡恋活デートめぐ婚』は知り合うためのセッティング「まずは会ってみて、知り合ってみて」をご提供しています。要望・条件・理想(結婚相談所で行われている定番の年収・職業・うんぬんかんぬん)をご提供するのことは行いません。

会ってみて話して、感覚が合った方がカップルになっていく自然の形の「きっかけ」をご提供しております!

実際に彼氏ができました!というご連絡もありますよ。気になった方はお問い合わせお待ちしております。

《 デート希望は下記にて受付中 》

無料会員登録のご予約は完全予約制。おまちしております。

▶Webからは:お問合せはこちら

婚活お見合い型じゃない、遊び目的じゃないデートセッティングができるのは静岡恋活デートbyめぐ婚だけ。